ブラジルコーヒー農園の気候被害

パッセイオ農園
写真は、現在お取引のあるパッセイオ農園のオーナー アドルフォ氏 現在被害を確認中

暑い日が続きますが、ブラジルでは過去25年の間で最も寒い気候となっています。

コーヒー生産地では7月下旬、数時間にわたって気温が氷点下となりコーヒー農園に霜(しも)が降りました。
コーヒーの木は霜に非常に弱く、霜がおりることで壊滅的な被害をうけます。

全てのコーヒーの木が被害を受けたわけではありませんが、世界のコーヒー生産量の約3割を占めるブラジルコーヒーにこのような被害があると、コーヒー取引市場にも大きな影響を与えます。

霜がおりてまだ1週間ほど経過した現在のコーヒー生豆取引価格は7年ぶりの高値となっています。

なお、実際に農産物であるコーヒー豆に被害がでるのは、来年5月以降の収穫分となり、今年収穫されたコーヒー豆の供給量については問題ありません。

投稿者プロフィール

大西 文明
大西 文明
愛知県瀬戸市で、コーヒー豆販売の専門店Coffee SAKURAを2001年に創業し、代表をしています。
グアテマラ、ブラジル、インドネシアなどのコーヒー生産地へ赴いたり、各地でコーヒーセミナーを100回以上を開催しながら、普段は店舗にてコーヒー豆の販売や道具の使い方、コーヒーの入れ方、選び方をアドバイスさせていただいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください