コーヒーの焙煎による重さの変化

コーヒーは、焙煎することによって軽くなります。10%ほど含まれている水分は、ほとんどなくなり揮発成分なども少しずつなくなっていきます。

写真の中央にあるものが、コーヒー生豆といって焙煎していないコーヒー豆。それを焙煎していくにしたがって、円の左から右のように黒くなっていきます。
一番左が表面温度160℃。その後は10℃ずつ上昇していった様子で一番右が250℃になったときの状態です。

同時に、体積も少しずつ増えてきます。

下のグラフと表は、あるコーヒー豆の表面温度と質量の関係です。220℃を超えると急に軽くなっていきます。(1ハゼ以降)



Follow me!

投稿者プロフィール

大西 文明
大西 文明
愛知県瀬戸市で、コーヒー豆販売の専門店Coffee SAKURAを2001年に創業し、代表をしています。
グアテマラ、ブラジル、インドネシアなどのコーヒー生産地へ赴いたり、各地でコーヒーセミナーを100回以上を開催しながら、普段は店舗にてコーヒー豆の販売や道具の使い方、コーヒーの入れ方、選び方をアドバイスさせていただいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください