日本で最初にコーヒー栽培が始まったのは明治時代

日本で最初にコーヒー栽培が始まったのは、明治11年(1878年)と意外に古いようです。

エチオピアで発見されたコーヒーはアラビア半島のメッカで多くの方に飲まれるようになりました。1600年ごろになるとメッカから南インドへ伝わり、1699年にはジャワ島へ移植され、1878年にジャワ島から小笠原に伝わったようです。

ちなみに、アフリカのケニアにコーヒー栽培が伝わったのは1880年ごろとなっています。(All about coffeeより)

明治から続いていた小笠原諸島でのコーヒー栽培は戦時中一時栽培が中断しました。1968年に日本に返還され、父島に戻った住民の方が野生で生き残っていたコーヒーの木を偶然発見し、再び栽培を始められました。

収穫量は少なく市場にはほとんど流通していません。コーヒー農園の「Nose’s Farm Garden」さんではコーヒー豆の通信販売やコーヒー豆の収穫体験をされていますので、興味のある方は、是非「Nose’s Farm Garden」へ問い合わせてみてください。
http://www.ne.jp/asahi/bonin/island/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください