コーヒーの種

コーヒー豆って、どんなものか大体分かりますよね。
でも、コーヒー豆は豆ではなくて、種なんです。
なんだか、よく分かりませんよね。
豆というのは、植物のうち「マメ科」の種のことなんです。
コーヒーは正式には「コーヒーノキ」という植物でアカネ科。
だから、「種」なんです。


といっても、コーヒー種なんて、おいしそうじゃないですよね。
どうして、コーヒー豆というのかはよく分かりませんが、アメリカなどでも、coffee beansといいます。
seedではないんです。
豆は、小さいものという意味もありますしコーヒーの種も豆のようで、「コーヒー豆」のほうが、しっくりくるからかもしれません。
でも、英語では・・・。これ以上聞かないで下さい。不思議ですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください